top of page

夏の風物詩「かき氷」、ダイエット中に食べると嬉しい効果が!?おすすめの食べ方とは


夏のダイエットも「かき氷」で楽しく乗り切る!



こんにちは!パーソナルジムギフトです!

毎日猛暑が続きますね…

本日は夏の定番減量アイス!「かき氷」についてご説明いたします!


その食べ物を想像しただけで心なしか涼しくなる「日本の夏の甘味」といえば……そう、「かき氷」です。昔ながらのかき氷の定番、イチゴやメロンなどのシロップをかけたものだけでなく、今ではバラエティに富んだかき氷が色々なお店で提供されていますよね。

そこで今回は夏の風物詩「かき氷」はダイエットに向くのか!? について、考えてみたいと思います。じつは、トッピングさえ気をつければ、「かき氷」はダイエットの味方にもなってくれます。ボディメイク中の方は、私が考えるOKトッピングとNGトッピングもぜひ参考にしてくださいね。


●「かき氷」は夏の体を元気に動かすサポートフード



温かい食べ物に比べて、冷たい食べ物が代謝を下げる、とは限りません。おさらいになりますが、その理由は人間の体は一定の体温を維持する働きを持つため、冷たいもので体温が下がった場合、エネルギーを燃焼させて熱を作ろうとするから。ですからダイエット中、しかも暑い夏においては、無理をして冷たいものを我慢するより、適度に摂ったほうがダイエットも継続させやすいと私は考えます。

そこで、今回のかき氷です。かき氷のベースはご存知のとおり「水分」。カロリーはありません。氷の上にトッピングされるシロップや練乳、あんこやフルーツによってカロリーが生じるわけですが、その主な栄養素は「糖質」。

適度な糖質は「体を元気に動かしてくれるガソリン」ですから、お出かけ中の休憩タイムや、これから観光や買い物するぞー! というタイミングでかき氷を食べるのは、まさに理にかなった糖分&水分補給と言えるでしょう。とはいえ、もちろん糖質は摂りすぎるとダイエットを阻害する原因にもなります。そこで次の項目では、ダイエット中に食べるならどんなかき氷がいいか? をご紹介したいと思います。



●「洋菓子」のようなかき氷は避けたほうがベター



私が提案する「食べてやせる」ダイエットでは、朝と昼に糖質を摂ることで活動パワーを上げ、代謝しやすい体をつくることを重視しています。そこで昼食のお供にすすめているのが、大福やどらやき、おだんごなどの「和菓子」です。和菓子は脂質が少なく糖質がメインですから、ダイエット中にもぴったり。

同じ理由でかき氷も、あんこや白玉が乗った「宇治金時」きなこと黒蜜など、「和菓子風」のもの全般はおすすめです。

糖質に加えて食物繊維やビタミンが一緒に摂れる、イチゴやマンゴーなど、フルーツがトッピングされたかき氷も、ダイエット中にも嬉しい一品と言えるでしょう。

気をつけてほしいのは、アイスクリームや生クリームがたっぷり乗った「洋菓子」のようなかき氷。見た目も華やかでSNS映えするものも多いですが、“ダイエット中”を意識するなら、かき氷での脂質摂取はなるべく控えたいところです。和菓子系やフルーツ系のかき氷でも、上にアイスクリームが乗っていないものを選ぶといいですね。


* * *

冷たいものはダイエットの敵ではありませんが、「食べるとお腹が痛くなる」など体質的に合わない方もいます。そうした方は、甘味処でかき氷ではなく、見た目に涼しいわらび餅やくずきりなどで糖分補給するといいかもしれませんね。なお、糖質は「これから動くぞ!」というときに体を後押ししてくれる栄養素です。夜に摂ると脂肪として体内に蓄積されやすいので、かき氷も食べるのは日中だけとし、夜は控えましょう。


無理せず継続的なダイエットでこの夏を乗り切っていきましょう!

当ジムでは

オンライン・オフラインでの栄養指導や、食事管理も行っております。

身体を変えるためには食べ物から、健康的な食生活を送ったうえでトレーニングすると

身体の変化も相乗効果で結果が出てきます!

ダイエット・ボディメイク・日々の食事にお悩みの方はぜひパーソナルジムギフトへ

お問い合わせください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

JR総武線平井駅徒歩2分

「Personal Gym GIFT」

お問い合わせは下記公式ラインから!



Comments


bottom of page